パルプ・フィクション

出典:ミラマックス

Love映画

パルプフィクション解説やあらすじ!ハンバーガー?ゼッドや日本語吹き替え

更新日:

世界中に熱狂的なファンを持つ鬼才 クエンティン・タランティーノ監督のデビューから2作目となる「パルプ・フィクション」

1994年に公開された本作品はアカデミー賞7部門にノミネートされ、脚本賞に輝きました。

その評価はアカデミー賞にとどまらず、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞。

数々の賞で監督賞や脚本賞を受賞し話題となりました。

“パルプ”とは紙質の悪いパルプ紙に印刷された低俗な出版物を表し、「くだらないフィクション」という意味が題名に込められていますが、独特の

魅力を放つストーリーがクセになる作品です。

タランティーノ監督作品が好きな方にはぜひご覧になられてはいかがですか?

今回は「パルプ・フィクション」のあらすじや解説をご紹介致します。

スポンサードリンク

パルプフィクションあらすじとは?

ハニーあるレストランに強盗を企てる計画を立てる一組のカップルの姿が。

彼らの名前はパンプキン(演:ティム・ロス)とハニーバニー(演:アマンダ・プラマー)

パンプキンは強盗として生きていく事がいかに大変なのかをハニーバニーに語っていました。

パルプレストラン銀行強盗を諦めて酒店に強盗に入っても、経営者が外国人で英語がまともに通じず強盗が成り立たないと嘆くパンプキンでしたが、ハニーバニーの助言もあり今居るレストランを襲う事を決断。

彼らが迎える結末は…

ビンセント場面は変わり、ギャングのボス マーセルス(演:ヴィング・レイム)の部下であるヴィンセント(演:ジョン・トラボルタ)とジュールス(演:サミュエル・L・ジャクソン)は、ボスの命令で組織を裏切った人物からアタッシュケースを回収する事を命じられます。

ヴィンセントとジュールスが向かった先では、彼らの未来が大きく変わる事態が待ち受けているのですが…

ブッチ

一方プロボクサーであるブッチ(演:ブルース・ウィリス)はマーセルスから試合中第5ラウンドで倒れる様八百長を指示されます。

困惑するブッチに対し、「お前が持っているプライドは何の意味も無い」と話すマーセルス。

果たしてブッチはプロボクサーとしてのプライドを保つ事が出来るのか。
それともギャングの脅しに屈してしまうのか。

ブッチ

そしてそれぞれ別の人生を歩む様に見える彼らが、ギャングのボス マーセルスを通して関わりを持ち驚きの結末を迎えます。

徐々に繋がっていくストーリーに注目してご覧下さい。

スポンサードリンク

パルプフィクションの解説!

パルプ・フィクションこの作品はオムニバス形式で時系列も前後しますが、最後までご覧いただくと全て話が繋がるというスタイルになっています。

冒頭で「くだらないフィクション」という意味の題名である事をお伝えしましたが、くだらない描写もあるものの主に3人のキャラクターの生き様が描かれています。

サミュエル・L・ジャクソン演じるジュールスはギャングであり平気で人を殺す反面強い信仰心を持ち、ブルース・ウィリス演じるブッチはプライドや男らしい正義感を持ち合わせている。

ジョン

一方ジョン・トラボルタ演じるジュールスのパートナーのヴィンセントはある意味トラブルメイカー。

ボスの妻 ミア(演:ユマ・サーマン)に対する気持ちを必死に堪えたり、思いもよらないミスを犯してしまったり。

性格も適当というか小者というか、ジュールスやブッチと比べると男らしくありません。

まぁ人間らしいといえば人間らしいのですが。

そんな彼らの異なるキャラクター像が自身の結末を大きく左右する描写が面白く、みなさんも納得されるのではないでしょうか。

ぜひそれぞれのキャラクター像に注目してご覧頂きたいと思います。

スポンサードリンク

パルプフィクションのハンバーガーシーン!

「パルプ・フィクション」は基本的にギャングの話なので血生臭いシーンもあるのですが、この作品に登場する食事シーンが妙に印象に残っています。

サミュエル

中でもサミュエル・L・ジャクソン演じるジュールスがハンバーガーを食べるシーン。

スーツケースを取り返しに行った先でまさに今食べようとしていたハンバーガーにジュールスが目をつけます。

カフナバーガーどこのお店のものか尋ね、“ビッグ・カフナバーガー”というハワイアン風のチーズバーガーだと知ると、「一度も食べた事ない」とパクリ。

そして「美味いな」と言いながら目の前にあるスプライトまで飲んでしまうのです。

人の食事を勝手に横取りしている訳ですが、映画に登場するチーズバーガーがとっても美味しそうで食べたくなってしまうほど。

私は食事の時に甘いドリンクを飲む事は絶対ありませんが、チーズバーガー&スプライトの組み合わせを試したくなりました。

ちなみにジュールスにハンバーガーを奪われてしまった方の運命はみなさんの目でご確認下さい。

ヴィンセント

この他ヴィンセントが食べるパンケーキもとっても美味しそうに見え印象的。

チーズバーガーとパンケーキというアメリカらしい食事シーンが登場するので、ぜひそちらにも注目してご覧頂きたいと思います。

スポンサードリンク

パルプフィクション!ゼッドの悪事とは?

この作品はジュールス、ヴィンセント、ブッチを中心に描かれているとお伝えしましたが、他にも強烈なキャラクター達が沢山登場します。

ゼッド

ピーター・グリーン演じたゼッドは悪徳変態警官。

ブッチとマーセルスを監禁して自分の欲を満たそうとしますが、見事2人に反撃されてしまいます。

個人的にはかなり嫌いなキャラクターですが、ブッチにとってはある意味自分の未来を変える重要な人物と言えるかもしれません。

ネオンちなみにゼッドの悪行が繰り広げられる質屋のネオンサインが最初は“KILLIANS RED”となっています。

ところが一部が消え“KILL ED”になり、これにZを付け加えると“KILL ZED(ゼッドを殺す)”になるという細かい仕掛けが。

私はそこまで気付きませんでしたが、そんな細かい仕掛けもこの作品の魅力の一つ。

ぜひ見逃さずにご覧くださいね。

パルプフィクション!冷静な掃除屋

ハーベェイ

ハーヴェイ・カイテル演じたザ・ウルフはとっても冷静な掃除屋。

ヴィンセントのミスをカバーする為に登場するのですが、的確な指示を出すものの自分はコーヒーを飲んでいるだけ。

紳士的な雰囲気を漂わせ、血で汚れたジュールスとヴィンセントに庭のホースで水をかけ綺麗にさせるという大胆さ。

でもそんな姿がかっこ良く見えたりするのです。

スポンサードリンク

パルプフィクション日本語吹き替えキャストは?

パルプみなさんは映画をご覧になる際、字幕または日本語吹き替えどちらを選ばれますか?

字幕なら俳優さんの全てがダイレクトに伝わりますし、日本語吹き替えの場合は分かりやすかったり有名な俳優さんが吹き替えを担当していたりと、どちらもそれぞれの良さがあると思います。

「パルプ・フィクション」を字幕でご覧になる方は、日本語吹き替えも観て頂く事をオススメ致します。

なぜならこの作品は登場人物が会話するシーンが多いから。

くだらない話を冗談交えて会話するシーンでは、字幕で表記できる文字数に限りがある為省略されていたり日本人には伝わりにくい表現もあります。

一方日本語吹き替えはその点も考慮されているので、字幕では分からなかった新たな発見も。

ぜひ字幕、日本語吹き替え共にご覧になってそれぞれの魅力を感じて頂きたいと思います。

日本語吹き替えキャストのご紹介!

パルプキャスト

  • ヴィンセント・ベガ(演:ジョン・トラボルタ/日本語吹替:鈴置洋孝)
  • ジュールス・ウィンフィールド(演:サミュエル・L・ジャクソン/日本語吹替:大塚明夫)
  • ブッチ・クリッジ(演:ブルース・ウィリス/日本語吹替:山寺宏一)
  • ミア・ウォレス(演:ユマ・サーマン/日本語吹替:勝生真沙子)
  • ジミー(演:クエンティン・タランティーノ/日本語吹替:立木文彦)

パルプフィクションの名言や意味などの詳細については、こちらの記事もご覧くださいね↓

パルプ・フィクションパルプフィクション名言や意味!聖書や音楽|動画の吹き替えは誰?

クエンティン・タランティーノの代表作とも言える「パルプ・フィクション」 公開は1994年と24年の月日が経過しているものの、未だに熱狂的なファンが多い大ヒット作です。 今ではハリウッド映画界に欠かす事 ...

スポンサードリンク

パルプフィクション解説やあらすじ!ハンバーガー?ゼッドや日本語吹き替えのまとめ!

素子1994年世界中に衝撃を与えた大ヒット作「パルプ・フィクション」のあらすじや解説についてご紹介させて頂きました。

観終わったあともう一度観たくなる不思議な魅力を体感されてはいかがですか?

公開から24年という長い月日が経過した事を忘れる程、独特の世界観に魅了されるはずです。

ビデオビデオマーケットでは初月無料でご覧いただけます。

詳細はこちらをご覧くださいね。

ツタヤTVツタヤTVでは30日間無料でご覧いただけます。

詳細はこちらをご覧くださいね。

オススメ記事一覧

-Love映画

Copyright© Love映画や海外ドラマライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.